シルクロードの小さな山、キルギス共和国へと旅立った私。そこでの文化や生活情報をお届けしていきます。

お金にまつわる習慣

キルギス共和国ではこんなお金にまつわる習慣があるんです。
今日、このことを聞いてすごく驚いたんですが、お金、お給料にまつわるこんな習慣がキルギスではあります。

まずは、給料日にお給料を貰います。
すると、その給料の一部を皆で出し合い、まとめて一人の人にあげます。
その皆からの給料の一部を貰った人はみんなのために何かお菓子だの飲み物だのを買わなければいけません。

そして翌月には順番で違う人に給料の一部を出し合い渡します。
翌々月には同じ事をし、毎月の給料日にこれを続けて皆の給料の一部を皆で回していくような習慣です。(キルギス人の女性の間で行われます)


これは田舎などで良く行う習慣だそうですが、皆に理由を聞くと、よくわからない、というのが答えでした。


それで、僕なりの答えを出してみたいと思います。

キルギス人は元々遊牧民族でした。
遊牧民族の部族間の繋がりというのは非常に強いもので、親戚に締め出されてしまうようなことがあれば、生きていけないというようなぐらいの強い絆があります。

遊牧民族は他の民族間の結婚などを徹底に避けていたために、いかに部族間の中をしっかりと固め、他の部族のものが来ないようにするのかが課題でした。


そこで、部族間の絆を強くするための習慣がたくさん存在しています。
その習慣の一つがこの皆で獲得したものの一部を分かち合うということでした。


つまりどういうことかと言うと、給料やもしくは何かの戦利品でも良いんですが、そのような金銭的な物を常日頃から分かち合うと、親戚間でも普通以上の利害関係が生まれます。

例えば、夫からの給料の一部ずつを仮に親戚の女性の間で分かち合ったとしましょう。
そこには既に普通以上の利害関係が発生し、一人一人の繋がりが強くなります。

お給料の場合は、その一部を毎月皆で出したり受け取っていくうちに皆の絆が強くなり離れにくくなるということですね。


僕はこのことは一度しか見ていないですし、あまり聞いたことがないので詳しくないですが、ただこの話を聞いた時に僕なりの答えがふっと浮かびました。

当然もっと色んな深い意味があると思いますが、どなたか詳しい方がいらっしゃったら、教えてください。

と少し真剣に話してしまいました^^

にほんブログ村 海外生活ブログへ

日時: 2007年04月13日 16:14 | | コメント (0) | トラックバック (0)



コメントを投稿




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://temir-komuz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/32