シルクロードの小さな山、キルギス共和国へと旅立った私。そこでの文化や生活情報をお届けしていきます。

バレンタインデー

日本ではバレンタインデーなんて若い人たちの間でチョコを上げたりしているだけですよね。

キルギス共和国のバレンタインデーはロシア式なので、今日はそのバレンタインデーについて勉強しました。
バレンタインデーは、ロシアでは「聖バレンタインの日」として考えられています。

歴史を見れば、西暦3世紀のローマ帝国の事でした。
当時の皇帝クラウディウス二世は
「もし、若者が結婚して家族を持ったら戦争に出られなくなってしまう」と考えなんと結婚を禁止してしまいました。
そこで立ち上がったのは、キリスト教司祭のバレンタインです。
彼がイタリア、インテラムナという町にて秘密裏に結婚をさせていたんですね。

最後にバレンタインは彼の行いがばれてしまい、処刑されてしまうんですが、その最後の時に恋人(妻?)にカードを送ったのでした。


そんなロマンティックな物語がバレンタインデーにはあったなんて日本にいた時は知りませんでした。
それで、ロシアやキルギス共和国では、ハート型のプレゼントとカードを送るのが一般的です。

なので、僕も周りの女性にはカードをしっかり送っておきました^^

皆喜んでいたので、良かった。
今日はそんなバレンタインデーについてお話ししました♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ

日時: 2007年02月14日 20:52 | | コメント (0) | トラックバック (0)



コメントを投稿




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://temir-komuz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/28